よくあるご質問

整骨院Q&A

Q
治療費はいくら位かかりますか?
A
保険証の負担割合や治療する箇所によって変わります。
保険適用の場合は金額は初診の際は初診料を含めて1450~1650円です。
継続していくと治療費は一回あたり490~610円程になります。
超音波治療や高周波治療、骨盤矯正治療を行なった場合には実費料金が発生する場合があります。
実費治療料金につきましては実費治療のページをご確認ください。
尚テーピングを使用した際には材料費として100円頂きます。
Q
予約したほうがいいんでしょうか?
A
予約なしで直接来られて大丈夫ですよ^^

完全予約制にしてしまうと部活での急なケガやぎっくり腰、

交通事故に遭ってケガしてしまった方に

対応出来なくなるために当院は予約制を取っておりません。

現在は柔道整復師三名、受付スタッフ多数で営業しております。

お時間があまりない方はお電話や受付の際にお気軽にご相談くださいね
Q
整骨院と整形外科どっちに行けばいいですか?
A
整形外科ではレントゲン検査、診断書の発行、電療などの理学療法、薬の処方等が出来ます。またひどい骨折や靭帯損傷に対して手術やギブス固定など外科的な処置も可能です。

 

一方整骨院ではレントゲン検査や薬に処方、外科的な処置をすることは出来ません。
しかし痛みに対する施術においては病院の理学療法に比べ特化しております。
病院で原因不明で電気と湿布のみで治らない方も、整骨院の治療受けて治ったという声も少なくありません。

当院ではしっかりと問診や検査を行い原因を追究し、患者様目線で治療を行っていきます。
治療法も電気治療だけでなく関節治療、筋肉治療、テーピング、ストレッチ、超音波療法等
様々な治療法を用いて痛みの改善に向き合っていきます。

 

よく整形外科で治らなかったという声を頂きますが、整形外科にも得意とする症状と苦手とする症状があります。レントゲン検査等に映らない痛みは80パーセント以上と言われます。
そのような症状は整骨院にとって得意な症状になります。もし痛みでどこに行けばいいか迷った際には一度ご相談ください。
もし整形外科が必要な場合にはすぐに紹介しますのでご安心ください。

「痛みが出ればいしばし整骨院にすぐに相談すれば安心」
皆様にそう言って頂けるように日々精進しております。
皆様の痛み、一度いしばし整骨院にご相談ください。
Q
原因のない肩こりでも治療できますか?痛みもないのですが・・・
A
痛みがなくまったく原因もない症状は保険を使用することが出来ません。それでも治療を受けてみたい場合には保険を使わず自費治療になります。

しかし原因のある場合や痛みのあるもの、動きに対して支障があるものは保険治療が可能になります。

交通事故治療Q&A

Q
交通事故でケガをした時、整形外科と整骨院とどちらにかかった方が良いのでしょうか?
A
まずは当院にご相談下さい。もし万が一整骨院で手におえない症状であれば整形外科に紹介状を書きレントゲン検査等を依頼します。いつでもお気軽に相談される整骨院を、いしばし整骨院はそんな整骨院を目指しております。

 
Q
事故直後は痛くなかったので、病院に行きませんでしたが、数日してから頚や腰に痛みが出てきました。どうしたら良いのでしょうか?
A
すぐに相手側の保険会社の担当者に連絡し、早めに当院を受診して下さい。事故後は痛くなかったのに、1~2週間くらいして症状が出てくる場合がよくあります。中には1か月後に出る場合もありますので、事故直後に症状が出ないからといって油断しないようにご注意ください。もし事故直後は痛みがなかったために、人身事故扱いにしていなかったのなら(物損扱い)、当院(または整形外科)の診断書を所轄の警察署に提出して人身事故扱いにしてもらって下さい。

※事故後二週間以降の痛みで病院に行っても事故との因果関係が認められない場合があります。出来る限り早めに病院か当院に受診いただくようお願いします。
Q
現在かかっている整形外科に通院しながらいしばし整骨院に通院は出来ますか?
A
整形外科と当院は両方にかかることが可能です。しかし同じ日に整形外科と当院の両方で治療を受けることは出来ません。交通事故の自賠責保険の取り決めで、同じ日には、1箇所での治療しか認められません。ただし、整形外科では診察や検査のみで、治療は当院で行う場合は、同じ日に整形外科と当院と両方を受診して頂いて結構です。
整形では診察のみを受け、当日その後で当院に来院して施術を受けて下さい。

※整形外科によっては整骨院との併用が出来ない整形外科もあります。その場合は対処法をお伝えしますのでお気軽にご相談ください。
Q
保険会社の担当者から、整骨院ではなく、整形外科の方で治療を受けた方が良いと言われました。整骨院に通いたいのですが・・・
A
保険会社としては、レントゲン等の検査などが行える整形外科での診察を薦める場合が多いです。しかし整骨院での施術が認められない訳ではありません。整骨院に行きたいという意思をしっかりと保険会社に伝えましょう。
Q
事故から3ヶ月経つと、保険会社から治療を打ちきられるという話しを聞きましたが、本当でしょうか?
A
治療の期間は、3か月で終わる必要はありません。保険会社にとって一般的にむち打ち症や腰痛などで自覚症状以外に検査に問題がない場合は3ヶ月くらいが治療期間の1つの目安としているからです。しかし症状改善までもう少しで完治する見込みがある場合や明らかに症状が軽減している場合等は、保険会社も治療を薦めてくれる場合があります。
Q
交通事故の示談後に痛みが再び出てきました。また治療を開始したいのですが・・・
A
示談後は基本的に自賠責保険を使うことは出来ません。なので示談交渉するときは完全に症状を無くしてから終わるようにしてください。
Q
整骨院でも診断書を出してもらえますか?
A
施術証明書を出すことは可能です。交通事故でむち打ち等のケガをした場合、事故現場の所轄の警察署に証明書を提出して人身事故の手続きをしないと交通事故の保険の取扱が出来ません。事故後に整形外科にかかっていない場合は、当院を受診した際に証明書を発行しますので、その証明書を持って所轄の警察署に持って行って下さい。(整形外科の診断書出ないといけない場合もあります)
長期で会社を休む、又は理由によっては、整形外科で発行する診断書の方が良い場合があります。その場合は、整形外科で診断書を発行してもらうことをお薦めする場合もあります。
Q
治療は週にどのくらい通えば良いのですか?
A
できれば毎日が理想です。仕事が忙しくて来院できなくても、最低週1~2回、できれば週3回は整骨院に通院をお願いします。後遺症を残さない為にもしっかりと治療しましょう。仕事や家事、学校が忙しいからと言っても、最初の時期に施術を行わないことは、患者さん自ら症状を治りにくくしているのです。治すべき時期に、しっかり治療しましょう。
Q
整骨院に通っていて、慰謝料を受けることは可能ですか?
A
整骨院に通っていても、整形外科に通っている場合と同様に慰謝料などの保障を受けることが出来ます。慰謝料の算定は、通院日数や通院期間が基準で使われますから、慰謝料などの保障をしっかり受けるためにも、しっかり通院して下さい。

基本的には治療期間×4200円、もしくは実通院日数×2×4200円を比べて少ない方が慰謝料となります。慰謝料の詳しい金額は別欄の慰謝料金額をご覧ください。

通院日数が多いと慰謝料にも影響しますので後からのトラブルになりにくいです。またどんなにひどい事故でも治療回数が少ないと慰謝料は微々たるものです。車が廃車になったのに、後遺症が残り、慰謝料は微々たる金額・・・そうならないためにもしっかりと通院されてください。
Q
検査や入院で仕事を休みました。休業補償はでるのでしょうか?
A
仕事を休んだために損失した給与は補償されます。ただし、自営業の場合は不定期に収入がある場合は、確定申告の資料を参考に、月平均の収入から算定される場合があります。一日5700円が基本保障ですが、損失がその金額を超える場合、証明するものがあれば17000円まで補償されます。
Q
加害者が任意保険に入っていませんでした。どうしたら良いのでしょうか?
A
自動車を所持するためには、自賠責保険に強制加入していますので一定金額以内なら保障を受ける事が出来ます。しかし怖いのが相手側が任意保険に入っていなかった場合に一定の金額を超えた場合です。残り金額を加害者に直接請求するのですが、かなりの金額になりますのでよくトラブルになりやすいです。その場合は被害者請求という制度を利用します。そうならない為にも任意保険には入っておくことをお勧めします。またもし相手が入っていなく、お金が支払えない場合はご自分の保険会社に相談されてみて下さい。

お問い合わせはこちら

受付時間:午前9:00~12:30 / 午後14:30~19:30 休診日:土曜日午後・日曜日・祝日