テキスト

特徴

img_text_03

数多くの学生、スポーツ愛好家に御来院頂いています

IMG_3658_R

当院には多くの部活生、スポーツ愛好家の方に御来院頂いております。スポーツの怪我は経験と実績がすべてです。数多くの患者様を診てきたいしばし整骨院に是非ご相談ください。

img_text_03

超音波、サイバーなどスポーツに強い設備を整えております

IMG_0815

プロのスポーツ現場でも使用される超音波治療器や最新の電気治療器ES5000、サイバー9000等、最新の物理療法機を置いています。ソフトバンクホークスやサッカー日本代表香川選手なども利用している機械。是非体感してみてください。

19時半まで受付 部活生達にも対応しています

IMG_0852

部活生は練習が終わって来院できるように19時半まで受付しております。どうしても間に合わない場合はお電話で対応しています。部活が終わって通院している学生は多くいらっしゃいます。

久留米大学アメフト部の専属トレーナーを行っております

IMG_8489_R

現在久留米大学アメリカンフットボール部の専属トレーナー活動を行っております。アメフトはケガが多いスポーツのため試合だけでなく練習にも顔を出しケガの処置やテーピングを行っています。臨床経験も豊富になりスポーツへの知識を日々増やしていっています。

学生たち必見 テーピング代金無料

IMG_4351_R

保護者の方にとって治療費は気になるものです。当院では学生応援のためテーピング代等は頂いておりません(特殊テーピングは除く)

また学生保険を使用することにより窓口の負担を減らすことも出来ます。保護者にとっても信頼して任せて頂ける整骨院作りを心掛けております。

漫画本も多く置いています

IMG_8941_R

学生達にとって待ち時間も暇にならないようにたくさんの漫画本を置いています。少しでも部活のモチベーションになればとの思いでスポーツ関係の漫画を多く揃えてます。漫画本を読む時間は大人の方も楽しめる大切な時間です^^

動画説明

スポーツをされているお子様をお持ちの保護者の方へ

DCIM1464

部活生をお子さんに持つ保護者の方は様々な心配をお持ちだと思います。

大好きなスポーツをしていての怪我や障害で部活を休まないといけないのは見ていて辛いものです。スポーツの怪我は初期処置が大事になります。

「湿布を貼ってれば治るんじゃ・・・」

「また大袈裟に言っているのかな・・・」

勝手な判断で治癒までの期間が延びることは多数見てきました。

子供にとっては痛みは大事なSOSサインです。痛みを我慢して部活をすれば必ず悪化したりパフォーマンスが落ちてしまいます。もし痛みを訴えている場合は早めにご相談ください。

いしばし整骨院では部活生をお子さんに持つ保護者の方の負担を減らすために様々な対応を行っております。

・自費治療等の追加料金はありません。テーピングや超音波を治療を行っても窓口金額は一定ですのでご安心ください

・部活でのケガは学校保険や傷害保険が使えます。これにより窓口負担分の還付があります。

・多くの部活生に御来院頂いています。もし帰りが遅くなる場合は保護者の方へ電話するように指導しております

・怪我の回復だけでなくメンタルや礼儀なども指導していきます。時に厳しいことを言うときもありますがその選手のためを思っています

もしお子さんの怪我や障害でお悩みの方はお気軽にいしばし整骨院へご相談ください。きっとお力になれるはずです。

スポーツ障害は予防が何より大切です

・柔軟性は何よりもケガの予防になります。ストレッチもしっかり行います。
・痛みの予防テーピングも行います。
・身体のバランスが大事です。姿勢、筋力バランスなども診ていきます。

IMG_0837

スポーツの怪我はある程度は予防できます。身体が硬い、フォームが悪い、痛みを庇ってプレイする等の行動はケガのリスクを高めてしまいます。

少しでもケガの可能性を低くするために当院ではストレッチや予防テーピングも行っております。大事な試合で怪我をしない為にもしっかり予防しましょう。

スポーツ障害・外傷

特徴

  • 院長が久留米大アメフト部の専属トレーナー!(試合にも帯同していますよ!)
  • スタッフも全員スポーツ経験者だから相談がしやすい!
  • 近隣学校の部活動生が多いから、気軽に通院出来る!
  • 治療の一環でテーピングを無料で実施している!
  • 学校保險が利用出来るため、支払った金額の数割が戻る!
  • マンガもたくさん置いてあります!
説明

3大症状への治療

オスグッド

子どもの成長過程において、膝のお皿の下の骨が徐々に突出してきて、痛みを引き起こす症状です。

赤く腫れたり、熱を持つこともあります。

走ったり、サッカーのようにボールを蹴るスポーツをしている子によく見られます。原因としては、太ももの筋肉に疲労がたまり固くなることで、過剰にお皿の下の骨を引っ張ってしまうことです。当院ではストレッチを中心に、痛みをとり、再発しないような治療をしていきます。

Fit man gripping his injured knee on a sunny day

シンスプリント

sports-injury02

シンスプリントとは、主にスネの内側の筋肉が痛くなる症状です(まれに外側にも痛みが出ます)。

走ったり、ジャンプをする競技をやっている子によく起こります。

こちらも原因は疲労がたまって筋肉が固くなってしまうことにあります。痛みを我慢して続けてしまうと疲労骨折を引き起こすこともあるので、しっかりと対策をしましょう。ストレッチやアイシングを中心に治療をしていきます。

野球肘・テニス肘

野球の投球動作やテニスのショットなど、同じ動作の繰り返しが原因となっています。さらに、これらの動作は複雑な捻りの動作なども加わり、細かい筋肉が多い肘から手首付近に大きな負担を掛けています。症状がある期間は、この動作は禁止し、アイシング、ストレッチに加え、トレーニングも行い、痛みの出ない身体をつくっていきます。

woman putting an ice pack on her elbow pain

その他の症状についてもブログで更新していきます!どうぞご覧ください。

お問い合わせはこちら

受付時間:午前9:00~12:30 / 午後14:30~19:30 休診日:土曜日午後・日曜日・祝日