受付時間

ばね指

こんな症状でお悩みではありませんか

ばね指|いしばし整骨院

手指には指の関節を曲げる屈筋腱と、指の基部で包みながら腱の跳ね返りを抑える腱鞘というものがあります。この腱鞘に炎症が起き厚みを増すと、屈筋腱が腱鞘により締め付けられ動きが悪くなり引っ掛かりが生じてしまいます。この状態の時に指に力を入れると、引っ掛かりが外れバネが弾けた様な所見を呈すことから“ばね指”と言われています。

ばね指の原因|いしばし整骨院

ばね指の原因は、“手の使い過ぎ”です。キーボード・マウスの操作、ゴルフやテニスなど手をよく使うスポーツ、ピアノや楽器演奏、洗い物など家事が多く見られます。ただ、これらは発生機序であり本当の原因ではありません。なぜなら、これらが原因であればほとんどの方が”ばね指“という事になります。でも実際はそうではありません。ではなぜ、”ばね指“になってしまうのか、その本当の原因は、肩甲骨にある”棘下筋“にあります。

棘下筋は、肩甲骨と上腕つないで肩関節を安定させる役割を担っていますが、長時間のデスクワークや運転、家事、同じ作業が続く事でかなりの負荷がかかってしまいます。

その上、姿勢が悪くなり猫背の状態になるとこ巻き肩になり、広背筋と共に棘下筋が引っ張られる形になります。

こうした状態が続くと肩甲骨がロックされ、腕のみの力で作業をしなくては行けません。必然的に前腕部の屈筋腱に無理な負荷がかかり、腱鞘炎、ばね指と起こってしまいます。

ばね指の改善方法|いしばし整骨院

これまで、いしばし整骨院でも多くのばね指に悩まされる患者様を診てきました。ほとんどの患者様が患部(指)を施術する前に首の神経や肩甲骨の施術を行った段階で痛みが取れています。(幹部の炎症が強い場合を除く)いしばし整骨院は『根本改善』を目的とした施術を提供しております。その為、視診・触診、解剖学的理論に基づく検査を始めとする『問診』を大切にしております。

どの筋肉が作用し骨の歪みや変形を作っているか、バランスを崩しているかを適切に見極め原因となる筋肉にアプローチを掛けていきます。ハイボルト療法により、固まって使えていない筋肉に刺激を加え筋線維の活性化を図り、肩甲骨が動きやすい状態を作ります。また、インパクト療法による細かい関節の動きを作り、再度肩甲骨が固まらない様に根本的に施術を行います。

お問い合わせ

TEL

院名
いしばし整骨院
住所
〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2619
江崎第7ビル1階
アクセス
西鉄電車 大牟田線 西鉄久留米駅
駐車場
8台完備

診療時間